シュリンク工房のブログ

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』からの最新情報、仕事上の出来事、技術情報などをお伝えいたします。

シュリンクフィルムはちょっと小難しい商材ですが、プロ中のプロがあらゆる技を駆使してお役に立たせてもらいます!!

Rシールのミシン目ツマミ付ができます


mishinmetyobo

カット専用機ですと段付切断刃があるので、ツマミ(チョボ)付が可能です。Rシールの製袋ではカット面は直線のみとなります。Rシールでツマミ付にするには、後工程で抜き加工をするしかありません。

今回提案させていただいたものは、ミシン刃に切れ目を組み合わせた刃を用いるパターンで、Rシールと同時に加工できます。収縮しますと、ツマミは相当小さくなってしまいますが機能的には問題ないようです。

この事例では、ウォーターサーバーのガロンボトルのキャップの保護シールとしてお作りしました。キャップ天面をカバーする必要があるのでRシールを採用になりましたが、キャップ下とボトル本体に隙間がわずかしかなく、楽にフィルムを取り去る方法として提案いたしました。

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

未成型タイプ キャップシュリンク

cap1cap2

ボトルのキャップシールですが、これはプレフォーム(成形加工)をしていないパターンです。キャップの下に十分なクビレがあり、位置決めが簡単にできるものであれば、お使えいただけると思います。

PETシュリンクの厚0.04~0.05、背貼、ロングミシン目(=縦方向に通し)、チョボ付カット。ボトル・キャップに合わせてサイズは1mm単位で設定します。1,000枚からご注文いただけます。

⇒お問い合わせはこちら  三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143   ホームページhttp://www.shrink-kobo.com/

 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

チューブ容器のPETシュリンクフィルム

tube5tube4

洗顔料やトリートメントなどのチューブ容器用のPETシュリンクフィルムです。

チューブ容器を立てる(キャップを下にする)ことを考慮して、キャップ部分のフィルムは少し被る程度とします。キャップがヒンジ式の場合のこともあるので、PETのように硬めのフィルムがかっちりと包めます。

折径はできるだけタイトにしますが、充填時のチューブ底シールが大きい場合は注意します。また、ゆるいR形状の袋にすれば、タテ収縮を微調整でき、チューブ底部が曲がったりせずきれいに仕上がります。 

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143  ホームページ http://www.shrink-kobo.com/


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ゴルフクラブのヘッド用シュリンクフィルム

woodgolf2

ゴルフクラブのヘッド用シュリンクフィルム、ドライバー(ウッド)とアイアン用です。その他、デカヘッド=特大ドライバー用もあります。
規格品としてご用意しております。数量は1,000枚単位。

【使い方】フィルムはグリップ部分より被せてください。ソール部分のフィルムを溶断用のインパルスシーラーで閉じてください。
フィルムの幅が大きい場合は、被せる前にインパルスシーラーでサイズ調整してお使いください。
シュリンク作業は、全体的にムラなく熱風を当ててください。

※事前にサンプル出荷もできます。お気軽にお問い合わせください。

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株)TEL 072-221-9570/FAX 072-221-8143/ホームページ http://www.shrink-kobo.com/

 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

見積業務

見積業務では、まず包装する中身の情報を重視しています。
フィルムの材質や包装形態をイメージするためです。現物があれば一番よいのですが、とりあえず写真をみせてもらったり、サイズを教えてもらったり・・・
でもやっぱり、何を包装するのかわからないとどうも考えが進みません。見積にも自信が持てません。結局、依頼者には、是非とも中身を見せてほしい、ということになります。
実際に中身を見てみると、質感、とくに表面の滑り具合とかがよくわかります。滑りが悪いと、作業性悪くシワだらけになってしまいます。多少大きめにサイズ設定したり、フィルム材質も相性を考える必要が出てきます。

最近は数量も相当重要な項目となります。
限定枚数とか小ロットとかになりますと、特殊な材料は選べませんので、仕入がしやすく加工性のよいものにしています。同じグレードでも汎用性のあるもの、品揃えのよいメーカーとか・・・
ただし、加工に関して特に製袋は本職(自社加工)ですので、やるべき内容はすべて対応しています。

最後に、実際にサンプルフィルムで自分で包装もやってみるわけですが、結構この段階でいろいろと詳細に決っていきます。初期の概算とは大分違うこともしばしばです。
人が扱う資材だけに、その設定にはリアルな感覚が必要ということなんでしょうね。当然、サンプルフィルムはユザーへ提出しテストしてもらいます。最終的にOKが出た内容で、正式見積、注文という流れになります。

こういった本格的な(数量の多い少ないに関わらず)見積以外で、お値段だけのアイミツとかになりますと、また別次元の苦労があるわけです・・・

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ  http://www.shrink-kobo.com/

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ