シュリンク工房のブログ

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』からの最新情報、仕事上の出来事、技術情報などをお伝えいたします。

シュリンクフィルムはちょっと小難しい商材ですが、プロ中のプロがあらゆる技を駆使してお役に立たせてもらいます!!

2010年12月

ギロチン刃合わせ

guillotine

Rシール機やボトムシール機、シュリンクラベルやチューブのカット=切断をする機械には、フィルム送り出しロールの次にギロチンがあります。下刃は固定されていて、上刃が上下する仕組みで、フィルムが間欠で送りられてきて停止したタイミングで上刃が下がって⇒切断⇒上がる~ということです。

シュリンクラベルの高速カット機には段付の刃がついています。チョボ付とかタブ付とかツマミ付とかいっていますが、ミシン目(タテ方向)の端っこにある出っ張り(反対側は逆にへっこんでいる)を作る部分です。形は角型と丸型があります。

この段刃の刃合わせ=調整はたいへんむずかしく、出っ張りサイズが3mmと5mmのものがありますが、大きいほうは毎回相当難儀を極めます。大体取り替え時間は2時間くらいは必要です。

刃合わせの理屈は簡単で、鋏が切れる理屈と同様です。直線刃なら長いサイズでもそんなに難しくありません。
刃物自体に歪などがない限りは、特別なことをする必要はありません。

段刃になるとタテにすこし迫り出している部分の合わせが必要になること、迫り出した横部分=最前列部分が切れるタイミングに注意する必要があることの二つが重要になります。

実際の調整では、まず上下刃が隙間のない状態にセッティングします。上刃は若干斜めに取り付けます。斜め角度はほぼ決まっています。

調整は下刃の前進後退(左右別々)、および上刃の上下スライド部分の当り(上下と左右にごくわずかの間隙)でじっくり確かめていきます。斜めに取り付けた上刃に沿って端から切れていくように・・・・

段付部分は最後になりますので、最後の最後まで切れていかないとダメということになります。大抵この部分で苦労するわけです。本当難しい仕事です。

*************************************************************

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
 
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房
 
●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/

*************************************************************


箱の密封包装~オレフィン系サイドシール袋~

over_wrap1

お土産ものの箱とか、あまり厚みのない箱などを完全密封するタイプのシュリンク包装。量産の場合は、ピロー包装機やL型包装機で自動包装されるわけですが、少量の場合は溶断タイプのインパルスシーラーがあれば十分対応できます。

フィルムはPP(ポリプロピレン)やオレフィン系など、オーバーラップに適した薄手(0.015~0.025mm程度)のシュリンクフィルムを製袋加工した=袋になったものが使いやすいでしょう。
半折フィルムのままでも使えないこともないですが、シール作業がスームズに行えないので、ごく小量な場合以外おすすめできません。

製袋加工はサイドシールという方法です。二枚重ねになったフィルムを熱溶断刃で直にシールに切断していきます。袋の左右がシール、底が半折になっています。袋の開口部は包装作業でインパルスシーラーにてシール=密封され、出来上がりでは三方向がシールされることになります。

弊社がおすすめするオレフィン系フィルムでは、半折フィルム1000m分よりの製袋オーダーメイド加工が可能です。たとえば、袋幅200mmなら5,000枚(計算上)。
また、同じフィルム1本の中で複数の幅の袋を加工できます。たとえば、袋幅200mmを2,000枚と300mmを2,000枚とか・・・・2種類以上の袋が作れます。

少量かつ複数サイズ取り合わせの場合価格は若干割高になりますが、フィルム最小ロット2,000mをそれぞれのサイズで作った場合と比較、ご検討してみてください。お見積はいろいろなパターンですぐさまご提示できます。まずはご相談してみてください。
もちろん、サンプルフィルムでご確認いただくこともできます。
よろしくお願いいたします。

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/

久しぶりにユーザーさまへ訪問しました

久しぶりにユーザー企業を訪問いたしました。大阪府泉佐野市の食品メーカーです。焼肉のたれPE容器をPVCチューブRシールでシュリンクパックされています。

このユーザー企業とは直接のお取引ではありませんが、実を言いますとフィルムの原因でトラブルが発生したため、急きょ訪問することになりました。
以下は状況・原因・対策・結果の報告(一部)です・・・・

①トラブルの状況として、シュリンク時に空気の溜まりが多くなりすぎ、容器天面にあるキャップと容器肩口との空間でRシールの一部で破袋する。空気抜き穴の不足⇒対策:追加と思われるが、追加するにあたり、位置の確認を入念に行う。

②追加の穴位置は、問題箇所付近またはそれより下部分(容器底、フィルム開口部)ではかえってシワを発生させる原因を新たに発生させるので不可。問題箇所よりも上部分(キャップ側面付近)に横に2個が適切であった。

③結果として、キャップ側面にフィルムが強く密着するようになり、天面の空気溜は小さり、容器底部へのフィルムの巻き込みがよくなり、全体のシワもなくなった。

空気抜き穴の追加、位置設定は微妙なテクニックが必要です。また、実際の穴あけ加工も穴の大きさや加工方法など技術的なことがあります。フィルムの種類によっても、それぞれの特徴によって一様ではありません。

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/

ゴルフクラブ専用シュリンク キャンペーン値下げ!

golf1

ゴルフクラブ専用シュリンク キャンペーン値下げ!

●ヘッドカバー オレフィン系シュリンク
シャフトを外に出して、シーラーで袋底をとじる変形袋です。
シール性がよく、高収縮・高透明、やわらかくフィットします。

 デカヘッド用 厚0.025×幅190×長240mm 1セット1,000枚 9,500円⇒8,500円(税込8,925円)
 ウッド用 厚0.025×幅143×長175mm 1セット1,000枚 8,000円⇒7,000円(税込7,350円)
 アイアン用 厚0.025×幅87×長150mm 1セット1,000枚 7,000円⇒6,000円(税込6,300円)

●グリップ用 PETシュリンク ミシン目入り
細いところもしっかりとシュリンクでき、握ってもフィルムがずれません。
ミシン目があるので、切り取りやすい。

 グリップ用 厚0.03×幅50×長310mm 1セット1,000枚 8,000円⇒7,000円(税込7,350円)

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 

オレフィン系シュリンク袋~やさしく包みます~

olefin_box2olefin_box1

挽き豆コーヒーなどが入った紙パッケージの外装です。今回はオレフィン系シュリンク袋が採用されました。

パッケージの強度があまりありませんので、収縮応力が弱めの薄いフィルムでやさしく包みたいところです。
完全密封のため二軸もの=タテ方向・横方向に収縮するタイプが適しています。
オレフィン系シュリンクはインパルスシーラーの作業性・シール性がよく、高収縮性なので角立ちが目立ちません。また、シュリンクトンネルのワークも楽に行えます。

量産前の段階ということもあって、今回は小ロット1000m分でのご注文。
オレフィン系シュリンク=シールドエアー社D-955 19µ×165×250mm サイドシール袋 空気抜き付、1000m分約5,000枚。
今後ユーザーさまでは、2~3個の集積包装も予定されているようです。

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

ヒートガン固定用ホルダースタンド

hg_holder2hg_holder1

弊社サイトに掲載しているシュリンクベルト、熱源はヒートガン(白光製ヒーティングガン880Bなど)を用いています。マグネットベース(スタンド)と、ヒートガンを固定するホルダーを組み合わせています。

スタンド自体はマグネットベースでなくても、クランプなどを用いて作業台などに固定してもよい思います。
ホルダーは弊社が独自に製作したもので、白光専用の規格ですので他社製のものには使えません。

ヒートガン固定用ホルダーおよびスタンド一式についてのお問い合わせは下記まで

三雲産業(株) 
TEL072-221-9570/FAX072-221-8143
ホームページ http://www.shrink-kobo.com/

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

PETシュリンク1,000枚オーダーメイド

おかげさまをもちまして、PETシュリンク1,000枚からでもオーダーメイドは大好評です。
容器等の内包物にピッタリ合わせの仕様設定、サンプル作製、もちろんご注文数に応じたお見積にいたるまで、ほぼ即日対応いたしております。事例経験の蓄積、ストックサンプルの充実、お客様への説明力なども強化してまいりました。

【PETシュリンクRシール】
●仕様
フィルムの厚み : 0.025mm(25μ)
折径(袋幅) : 容器等内包物に合わせたベストセッティング
長さ : 同上
Rシール形状 : 同上 (基本的に型代金不要です)
ミシン目加工 : ①開口部からタテ方向部分的に ②キャップ下などに横方向 ③ロングタテミシン目
その他 : 空気抜き穴 オープントップ オプション加工など

●価格
折径150mm未満長さ250mm未満 1,000枚⇒8,400円より (送料・消費税込み)
サイズ超える場合や北海道・沖縄方面は 別途お見積いたします
2,000枚・3,000枚・5,000枚・10,000枚・限定数・2000mロット出来高の場合 お見積いたします

【PETシュリンクラベル・キャップシュリンク】
●仕様
フィルムの厚み : 0.025mm 0.03mm 0.04mm 0.05mm
折径 : 容器等内包物に合わせたベストセッティング
長さ : 同上
ミシン目加工 : ①ロングタテミシン目 ➁タテミシン目 ③L型ミシン目
チョボ付(ツマミ・タグ)カットなど

●価格
折径100mm未満×長さ200mm未満 本州・四国・九州 1,000枚⇒6,300円より (送料・消費税込み)
サイズ超える場合や北海道・沖縄方面は 別途お見積いたします
2,000枚・3,000枚・5,000枚・10,000枚・限定数・2000mロット出来高の場合 お見積いたします

お問い合わせ~ご注文~納品まで

メールフォームかファックスフォームで、必要事項をご記入の上お問い合わせください。お急ぎの場合はお電話してください。

仕事を進めさせていただくに当たって、場合によっては見積段階で、容器等内包物が必要となってまいりますので、ご用意してください。フィルムサイズをご指定いただいただけでは対応できかねることがございます。

見積(回答)およびサンプル提出で、ご了承いただけましたら速やかにご注文ください。ご注文の際は必ず注文書を発行してください。注文書のフォーマットは貴社仕様のものや見積書の返信利用などでも結構です。

注文書が届き、材料手配や加工工程入りとなったご注文はキャンセルはできません。ご注文当日中はお電話でキャンセルが可能です。

見積有効期限は1ヶ月となっております。期限を過ぎた場合は再見積することがございます。また、期限3ヶ月以上経過した場合、お預かりした内包物資料等は廃棄処分あるいは返却いたします。

ご注文から1週間程度で製品はできあがります。納品前にご連絡いたします。請求書をファックスまたはメールで送信いたします。代金引換の場合は手数料をご負担ください。1,000枚オーダーですと、ほとんど場合315円です。(下記参照)

《宅急便コレクト代引手数料》

代金引換額10,000円未満・・・・・・・・・・・・・315円(税込)
10,000円以上~30,000円未満・・・・・・・・420円(税込)
30,000円以上~100,000円未満・・・・・・・630円(税込)
100,000円以上~300,000円まで・・・・1,050円(税込)

※代金引換額=請求書金額+代引手数料


その他のフィルム材質(PVC、PS、PP、オレフィン系など)でのご注文、特殊な加工内容についてのご相談、一般的なロット~大量ロットのお話もよろしくお願いいたします。


⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

シュリンクフィルム~大は小を兼ねるか~

シュリンクフィルムは加熱すると収縮する包装材です。すこしブカブカな状態がシュリンクして商品にフィットするわけです。ごく少量の包装を手作業などでされるなら、何種類か大きさの異なる場合でも何とかなるかもしれません・・・・

ただし、本格的には作業性や仕上がり具合を考慮した設定が当然必要で、それぞれの商品に合った専用の設定=材質・サイズ・加工内容などが重要です。できれば本番の作業の前に、本機=シュリンクマシンなどでテストされておくべきです。温度やスピード、その他ワーク条件、いろいろと調整もでてくると思います。

どうしても兼用となる場合は大きい方に合わせることになるので、小さい方にとってはより収縮をさせねばなりません。加熱温度を上げる、加熱時間を延ばす、(熱)風量を強める、シュリンクトンネルに入る前の予備加熱、オーバーラップ包装の場合空気抜き穴を増やすなど、それなりの工夫があります。

しかし、ベストな設定の場合に比べるとやはり見劣りはするものです。大事な商品の包装ですので、できるだけよい仕上がりになさることをおすすめいたします。弊社では小ロットのパターンにも十分対応いたしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ