シュリンク工房のブログ

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』からの最新情報、仕事上の出来事、技術情報などをお伝えいたします。

シュリンクフィルムはちょっと小難しい商材ですが、プロ中のプロがあらゆる技を駆使してお役に立たせてもらいます!!

2012年06月

長尺カット 最長1480mmまで


taikomaki

シュリンクチューブなどで、1m以上とかのかなりの長尺カット品の場合、「太鼓」に巻いて断裁することになります。
手持ちの部材を応用して、とりあえず最長1480mmまで対応可能になりました。

従来は1m未満なら自動製袋機で対応していましたが、品質面の問題や機械故障などもありました。
また、さらなる長尺となると受注すらしておらず、分野の異なる加工業者さんへの外注とかもありませんでした。
まあこのへんの長さは中途半端な長さということなんでしょうか・・・

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************



丁寧な作業できれいな仕上がり

izumi_gvalbe
丁寧な作業できれいに仕上がったバルブ封緘シール。

今日は京都市南区の医療用ガス会社さんへ出向きました。

いろいろな大きさのバルブがあり、封緘用のシュリンクラベルを数種お使いです。
実は、バルブの場合は固体ごとにボンベ本体との間の距離に差があります。
ネジ部の経年の度合いらしいです。
この間の部分に取り付ける、能書が入った吊り下げ袋=ヘッダー付袋を結束バンドなどで固定するタイプでは、シュリンクラベルが長すぎると、すこし干渉するので使いずらいということでした。

多少の大きさの違いでも、ある程度は融通できるようにしないといけません。
半屋外のような作業環境のこともあり、自然収縮のリスクもありますので、シビアなサイズ設定はできません。

結局のところ、現場での作業方法に大きく出来映えが左右されますので、バラツキや失敗のない作業方法について確認をさせていただきました。
この会社さんではすでに十分に徹底されており、センスのあるお仕事されていました。(お見事!)

その他の種類のバルブ用についても、問題点や課題をいただき、対応させていただくこととなりました。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

試作品を現場で確認

gotvalbe5gotvalbe3gotvalbe1

医療用ガスボンベの封緘シール、ガットバルブタイプの試作です。
大阪八尾のお得意先の会社さんにご協力いただきました。

在宅医療用のサイズで、ガットと呼ばれる部品が取り付けられるところをカバーします。
防汚、衛生対策なんですが、対象がお年寄りや病人の方々ですのでシールのはずしやすさも重要です。

もちろん、現場での作業性は最重要なことです。
早速、試作品を持参して試させていただきました。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************


15日は東京でデモします

6月15日は東京へ出張です。
午前中は、池袋のお客さんのところで白光885のデモ。
今回は白光(株)東京営業所の菊池さんがご協力くださいます。タスカル~

この前の試作で、機械スペック面では十分ですので、作業面やメンテのほうを理解いただければよいかなと思います。

対象は薄いPETのジャー型。熱変形しやすい・・・
そのため、フィルムはPVCシュリンクチューブ厚み0.02mm、スリーブカット品。
イージーオープンの意味でロングミシン目入。
フィルムの能書きをぐちゃぐちゃ言う必要はないはずですが、一応覚書として。

今のところ、午後はフリーなので、お声がかかればデモその他可能です。
お気軽にご連絡ください。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

東北大学(大学院研究室)よりご注文・・・

東北大学大学院のある研究室からシュリンクフィルム、小ロットオーダーメイドのご注文です。
今回で2回目、アイテムは3種類目となります。
詳しくはよくわかりませんが、ある実験装置の汚れ防止や養生的な目的と思われます。

最初は今年4月。
これまで、汎用なフィルムを応用されていたようですが、使い勝手の悪さや耐久性に問題があったとのことで、材質やサイズ面での改善などのご相談がありました。
お電話やメールだけでは理解できないため、装置の一部(現物)を送っていただき、あれこれやってみました。

PETシュリンク、Rシール(厚み25μ)とカットタイプ(厚み40μ)の2種。
何度か試作し、最終的にサイズを決めていただき、5月連休明けにご注文、中頃に納品できました。

今回はカットタイプのサイズオーダーということで、お見積もり後即ご注文です・・・

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************


プロにお任せ 新型サプリメント容器にもフィット!

miya01

大阪は道修町のお客さまからの案件。
ティアーバンドタイプのサプリメント容器大小、これも885でテスト。

このタイプの容器は、シュリンク包装を必要としないことが多いのですが、シールラベルの保護が目的のひとつです。
本番は、容器胴部にシールラベルが貼り付けられており、シュリンクフィルムはL型ミシン目入りなので、フタ部のフィルムを切り取っても胴部のそれは残ります。

フタは本体とベルト部からなっており、フタを開ける時はベルト部を千切って取り外します。
そのため、L型に入れたミシン目の位置合わせはちょっと重要です。
また、フタとベルト部の接合部が若干出っ張っており、底部がすこし細くなっていることもあり、フィルムのサイズも微妙な設定・・・

シュリンクフィルムが材質PETですので、温度は885最高の180℃でスピードやや速め、その他もろもろ条件設定、ビシッと出来上がりました。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************


朝から885を使ってシュリンクテスト

885test1885test2

今朝は、卓上型シュリンクトンネル=ハッコー885を一番にセット。
このところ、885の引合が連続していますので、最終設定テストを順次行っていきます。
実際の内包物やテスト用のフィルムを用意できしだい、シュリンクテストをして、トンネルワークの条件出しや問題箇所の事前チェックをしています。

最初にテストしたのが、PETの円筒容器で軽いものです。
フィルムは厚み0.02mmのチューブカット品ですが、容器の熱変形に注意しながら・・・
まずまずの出来上がりでした。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

結局、シンプルな方が選ばれました

cap_shrinktks5

先日の2つの案件、続報です・・・

2件ともご注文をいただきましたが、いずれもご要望どおりのキャップシュリンクタイプに決定いたしました。
作業面でもその方がシンプルですし、包装目的の方も十分ご納得いただけました。

包装目的が変われば、包装形態も変わることもありますので、その場合は別の提案も必要になってきます。
シュリンク包装以外ということも時々あります。
自社でできる場合、できない場合、仕入れ関係や仲間のネットワークでできる場合など、可能な限りの対応はさせていただきます。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************



こんな方法もありでしょうか?

tks3

キャップ下にまったくクビレがないボトル。
お客さまからのご要望は、注ぎ口=赤い部分が開閉できないようにするキャップシュリンク。
普通のキャップシュリンクだと、装着もうまくできないし、すぐはずれてしまいます・・・

tks2

胴部がずん胴なので、こんな方法もやっぱりダメです。
Rシール袋ですが、胴部の中ほどまでの長さしかないもの。
ボトル底にフィルムがひっかからないとうまくいきません!

tks1

結局、おすすめはRシールということになってしまいますが・・・

tks4

tks5

キャップをはずして、スクリューの邪魔にならない程度にフィルムを2~3mm程度出るように被せて、キャップのみシュリンクパックします。

tks6

キャップははずせるのですが、注ぎ口は動きません。
あえてこんなこともできるので、一応提案いたしました。
完璧な液漏れ防止のためには、中栓とかが必要になるでしょうが、一定の効果はあるのではないでしょうか。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

2パターンできます

r_shrink
cap_shrink

幼少の頃、お医者さんからもらった飲み薬=シロップの容器です。
なんか懐かしくなりました・・・

写真上:
シュリンクフィルムのご注文ですが、お客様からは具体的なご指示がありませんでしたので、容器到着後すぐにRシュリンクでお見積と試作をいたしました。
容器胴部に貼られるシールなどの保護の意味もあるかな、と考えたからです。

写真下
ところが、翌日ご連絡があり、キャップシュリンクに変更となりました。
手軽にできる方法を選ばれたようです。
小ロットということで、ヒーティングガン800Wを合わせてお買い上げいただきました!

●PETシュリンク Rシールタイプ 1,000枚で8,000円(税別)より
サイズ設定はミリ単位
仕様:容器形状に合わせたRシール 背貼 ミシン目(切り取り) 空気抜き穴付き

●PETキャップシュリンク 未成型タイプ 1,000枚で6,000円(税別)より
サイズ設定はミリ単位
仕様:背貼 ミシン目(切り取り) チョボ付き(ツマミ)
※容器やキャップの形状によっては、このタイプが適していない場合がございます。容器およびキャップをお送りいただくか、事前に写真などをお示しくだされば、可否判断いたします。

今回の場合は、キャップシュリンクに決まりましたが、一般的な場合ですと、やはりRシュリンクの方が多いと思います。
お客様の目的とか、ご都合、ご事情にもよります・・・

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************



記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ