シュリンク工房のブログ

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』からの最新情報、仕事上の出来事、技術情報などをお伝えいたします。

シュリンクフィルムはちょっと小難しい商材ですが、プロ中のプロがあらゆる技を駆使してお役に立たせてもらいます!!

2013年04月

タブレット容器4個パック~作業性重視ですね

タブレット容器4個をシュリンクパックする案件。
フィルムを被せる段階から、ちょっと作業しずらい感じです・・・
出来上がりも、きちんと並ばないと格好悪くなりますね。

提案は2通りご用意しました。

PETシュリンクRシール。キャップ部分にRシール、底部分は開いています。
tablet1

PETシュリンク、カット品。容器の前と後ろが開いています。
tablet2
とにかく作業性重視ということなので、こんなところですか・・・

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************



 

メール便対応の箱をシュリンクパック

held1

メール便で送れるように設計された、厚み15mm程度の箱のシュリンクパックです。
中身は健康食品(分包タイプ)。
軽くて、スカスカです。
収縮応力強すぎると箱が潰れてしまいます。

発送用の外袋は別にあるようですが、ある程度の防汚防湿、箱から中身が出てしまうことを防ぐのが目的です。
L型やピローが使えない場合とかは、袋で対応したいものです。
しかもできるだけ薄いフィルムで。

フィルムは、オーソドックスにPPやオレフィン系、サイドシール袋。
ただし、開口部は溶断シーラーで綴じないとダメでしょう。いわゆる密封です。

環境的に何でもよいなら、PVCチューブもよいかも・・・
この箱なら密封しなくても、うまい具合に角っこに引っ掛かってくれます。

フィルムはお好きな方をお選びいただいて、後はどうやって開封するかですね。
とりあえず、ミシン目入りで試しましたが、大丈夫みたいです。
パンチ穴2~3個のパターン、これも中々いけそうです。

わかりにくいですが、ミシン目入れてます
held2

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************


 

ああ~提案実らず・・・

全面透明のPPケースに入った中身のオブジェ=置物をシュリンクパックします。
ケース内で動かないように、台紙とオブジェを仮止めします。
シュリンクフィルムを使っていることすらわからないくらいに、フィットさせる必要があります。
台紙が反ってもNGです。
さてそうするか?

出来上がりはこれ!
台紙にオブジェをただ置いているって感じです・・・
pa1

台紙+両面テープ+フィルム(チューブカット品)
pa3

オブジェをくぐらせて・・・
シュリンクすれば出来上がりです
pa2

 しかしながら、この提案は不採用になりました、トホホ・・・
ちょっと手間がかかりそうだからでしょうねえ
それとも、もっと名案があったのでしょうか。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

 

こうじ屋ウーマンご来店!

大分佐伯の糀屋本店さん、あの有名な女将さん=こうじ屋ウーマンが一昨日ご来店されました。
こうじの普及のため、マスコミ関係や講演会など、全国いや最近は海外にも出かけておられるようです。
お取引いただくようになって、家内から女将さんのことをよく聞かされておりましたが、昨年8月に放映のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」やNHK「きょうの料理」に出ておられるのをみて、ただただ驚いていました・・・

ちょうど大阪でお仕事があり、なんとかお時間を作っていただいたようです。
女将さんは、想像していた通りのたいへん気さくなおばちゃんでした。
家内はあこがれの女将さんにお会いできて感激していました!
ご一緒に来られた専務さんらと実務のお話をしましたが、弊社製品が多少は役立っているようでしたので、ひと安心しました。
新製品の○○○○用のシュリンクフィルムもご注文していただきました。
今後ともよろいしくお願いいたします。

また、女将さんからええもんをいただきました・・・

woman

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************






 

フィルム開封時にヒンジキャップが開いてしまって・・・

hinjicap1
hinjicap2
hinjicap3

一般的にRシュリンクを容器に被せる場合、Rシール部はキャップ側、開口部は容器底になります。
フィルム開封の時は、底のミシン目からキャップ側に破っていくわけです。

ところが、ヒンジキャップの容器でキャップ内側にパッキンやシールドがない場合、フィルムの破れる勢いでキャップが開いてしまうことがあるようです。
思わず中身が飛び出してきて、ちょっとやらしいことになってしまうとか・・・
お客様から苦情がきてたいへんだ~

チューブ容器の場合のように、フィルムの被せ方を反対にしてみることで、このトラブルは解消できそうです。
ミシン目は キャップ部分の一部か、底までロングか、お好みです。
今回は中身が粉体ということで、すこしでも防湿性があるほうがよいので、PETシュリンクを選択しました。
キャップ部のフィルムのかかり具合は気持ち若干長目に。(芸が細かい!)

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

 

美しくフィット!

fit3fit1
fit2

スリムなスタイリッシュなボトルのシュリンクパックです。
フィルムはPETシュリンク、Rタイプ。

とても美しくフィットします!
このボトルに専用のシール型なので、使いやすく、仕上がりも一定します。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************


 
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ