白光(株)の簡易卓上シュリンク装置FV-101、当サイトでは「新型コンパクトシュリンカー(ⅭS)」と呼んでいますが、新型CSでは新しいヒーターの採用で熱効率が改善し、トンネルの設計変更で放熱を減少させましたで、旧型に比べて収縮能力がずいぶんアップしています。
さらに、プレヒートを10~15分程度行うことによって、ワークの初回から最後まで条件は安定しています。
また、これまで苦手な感じであったチューブ容器のワークでも、新アイデアの上部ノズルの先端の風向ツメを内側に向けることで、容器側面へ熱風を回り込ませることができ、加熱過多による容器先端の変形なしに、全体をシワなくキレイにシュリンクできるようになりました。
fv101
*************************************************************
三 雲 産 業 株 式 会 社
●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
ホームページはこちらから⇒http://www.shrink-kobo.com/
話題のコンパクトシュリンカー キャンペーン中 デモいたします
有りそうで無かった超便利な使えるツール!
小ロット対応 スモールサイズのワークに サブマシンとして・・・
『シュリンク工房のブログ』で詳しくご紹介しています
ブログはこちらから⇒http://shrink-kobo.blog.jp/
*************************************************************