シュリンク工房のブログ

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』からの最新情報、仕事上の出来事、技術情報などをお伝えいたします。

シュリンクフィルムはちょっと小難しい商材ですが、プロ中のプロがあらゆる技を駆使してお役に立たせてもらいます!!

オーバーラップ

こんな感じになります・・・

mug1

お客さまからお預かりしたマグカップです。
中には何かが入るらしく、フィルムで蓋をするようにして、ほぼ全体をオーバーラップします。
PETシュリンクRシールなら、まあこんな感じになります・・・

ところで、マグカップに印刷されている写真、地域のお祭りかな、ナイスショットですねえ。

*************************************************************
三雲産業(株)
●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
Webサイト シュリンク工房
⇒http://www.shrink-kobo.com/
シュリンク工房のブログ プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

ちょっとだけ開けてます

open1
open3

箱などのオーバーラップで、小ロットゆえ、オレフィン系などのシュリンク袋を密封式でのパターン。
密封ですので「完璧」なのですが、開封についてはちょっと厄介なもんです。

そこで、開け口のような個所を袋に設けてみました。
ちょっとだけ裂けているようになっていますが、ミシン目に繋がっており、中々うまいこと破れてくれます・・・

オレフィン系袋の小ロット対応品でも、標準仕様にできるよう、ただ今準備中です!

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

 

手作業で箱のオーバーラップ

kenshoku2
kenshoku1


健食の箱ものなどのオーバーラップは、大手さんならピロー式やL型式でされています。
少量の場合やサイズが限度を超えている場合は、袋を使って溶断シーラーで密封します。

箱のサイズやシュリンクパック方法にもよりますが、多少角に耳立ちができます。
鉄腕アトムみたいで(懐かしいなあ)、ちょっと見映えが悪いですよねえ。
ヒートガンで、角のところを炙りすぎると失敗しますし・・・困ったもんです。

角部分に空気抜け穴をあけるのも方法です。
でも、多少シワができてしまうので、気になる時もあります。

kenshoku3

結局のところ、こういうふうに角部分をカット=溶断してしまうのが一番です。
三角のところを切り落としてしまうのです!
めんどくさい作業ですが、この場合は2個一度にやれました?!
ハッコー885など小型のシュリンクマシンでの場合も同じです。
オレフィン系なら140度前後で3~4秒くらいでOKです。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************



御社のシュリンク JALに乗りましたよ~お客さまからのお便り

cheese_gift

cheese__mc

「御社のシュリンク(フィルム) JALにのりましたよ~ これからもよろしく おねがいいたします!」
北海道のユーザーさま(乳製品メーカー)より、お便りをいただきました。

JALのファーストクラス用機内食で、お客さまの特製チーズが使われているそうです。
ワインに合いそうな感じ・・・
(すいません、基本的にエコノミー志向なので、まだ食したことはありませんが、その内にぜひとも)

弊社のシュリンクフィルムでパックされた、「小さなトム」という、ワッパ容器入りのチーズです。
お味はもちろんのことだと思いますが、ネーミングやデザインもお洒落ですね。
話題性もあるだろうし、今後が楽しみな商品です。
この前から、フィルムのご購入が増えてきたのは、そういうことだったのか・・・

ちなみにこの商品は、オレフィン系シュリンクでオーバーラップされています。
ちょっと専門的なことですが、このフィルムは、チーズの呼吸のために、ものすごく多孔にしているんですよ。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************






ハッコー885 オーバーラップもスイスイ・・・

885demo

ハッコー885のデモ、オーバーラップ=PVC、PPやオレフィン系の薄番手フィルムで密封式に包装。
箱ものなどによく用いられます。

製袋したシュリンクフィルムを内包物に被せ、溶断シーラーで閉じていく方法です。
たぶん、この作業に時間はかかると思いますが、トンネルワーク自体は至って簡単です。
シュリンクの出来を見ながら、温度とスピードを適切に調整して・・・
写真のパターンで、1時間で200~300個程度出来上がります。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

シュリンクパックの案件入りました

8p

シュリンクパックの案件が入りました。
業務としては、お見積と試作、手早く、確認しつつ・・・

ベアリング8個の集積です。
実際のものと大きさが違うけど、イメージは掴めます。
PVCシュリンクチューブ、厚み20ミクロンで十分いけそうです。
密封式=オーバーラップです。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

うれしいお便りをいただきました

北海道のお客様よりうれしいお便りをいただきました。

ナチュラルチーズ工場の牧場タカラ「ミルク・チーズ工房」さま(北海道虻田郡喜茂別町)

経木製のワッカに入ったチーズのオーバーラップ包装で、オレフィン系シュリンクを採用いただきました。


bokujo_takara_card1


美味しそうな春の新製品が出来上がったようです・・・


bokujo_takara_card2





*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************
記事検索
プロフィール

シュリンク工房

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』を運営しています。三雲産業(株)TEL:072-221-9570

QRコード
QRコード