DSCF0718[1]
ヒーターからの直接の熱風だけではうまく収縮しないことがあります。
サイズが大きいものや四角い形状のものなどは温度も風量もどうしても不足ぎみです。
トンネル内高温にして、その不足を補うのが今回の目的です。
ヒーターの風向きをトンネル方向に傾け、内部に熱風を送り込んで、入り口にテフロンクロス等でカーテンを設置します。
さらに効果を上げるには 出口にもカーテンや延長フードとかもありかもしれません・・・