シュリンク工房のブログ

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』からの最新情報、仕事上の出来事、技術情報などをお伝えいたします。

シュリンクフィルムはちょっと小難しい商材ですが、プロ中のプロがあらゆる技を駆使してお役に立たせてもらいます!!

ミシン目

ラベルRシール~ラベルでしかもRシール~

lab_rseal1
lab_rseal3
lab_rseal2

シュリンクラベルのRシールタイプ、キャップを覆っているフィルムを取り除いてもラベル部分が残ります。キャップ下=ボトル肩口付近にミシン目を施してあり、キャップ付近のフィルムをひねると切り取れるようになっています。

フィルム材質は、PET厚0.025mmもしくはPS(OPS)厚0.035mm。印刷はグラビア印刷裏刷り。スリッター⇒背貼り⇒Rシール製袋他・・・・

この事例では「目盛り」を付けたところがよかったと思います。中身の残量がわかりやすいですね。デザイン的には正面図柄がかなり凝っており、はっきりお見せできなくて残念です・・・・

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

四角い石鹸に似合ってます

soap_t

最近、手造りの石鹸用の引き合いをよくいただきます。いろいろな形のものもありますが、オーソドックスに四角い切餅のような形ですとこれがよく似合いそうです。

材質はPETシュリンク、ゆるいカーブのRシールにしています。フィルは背貼していますので、1,000枚から対応可能です。

おすすめのポイントは、背面にタテ方向のミシン目を2列入れたことです。従来ミシン目=片方の側面の場合に比べ、開封時に切れやすくなりました。また空気抜き穴をなくしました。

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

Rシールのミシン目ツマミ付ができます


mishinmetyobo

カット専用機ですと段付切断刃があるので、ツマミ(チョボ)付が可能です。Rシールの製袋ではカット面は直線のみとなります。Rシールでツマミ付にするには、後工程で抜き加工をするしかありません。

今回提案させていただいたものは、ミシン刃に切れ目を組み合わせた刃を用いるパターンで、Rシールと同時に加工できます。収縮しますと、ツマミは相当小さくなってしまいますが機能的には問題ないようです。

この事例では、ウォーターサーバーのガロンボトルのキャップの保護シールとしてお作りしました。キャップ天面をカバーする必要があるのでRシールを採用になりましたが、キャップ下とボトル本体に隙間がわずかしかなく、楽にフィルムを取り去る方法として提案いたしました。

⇒お問い合わせはこちら 三雲産業(株) TEL072-221-9570/FAX072-221-8143 ホームページ http://www.shrink-kobo.com/


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

シュリンク工房

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』を運営しています。三雲産業(株)TEL:072-221-9570

QRコード
QRコード