シュリンク工房のブログ

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』からの最新情報、仕事上の出来事、技術情報などをお伝えいたします。

シュリンクフィルムはちょっと小難しい商材ですが、プロ中のプロがあらゆる技を駆使してお役に立たせてもらいます!!

ロングミシン目

なで肩のボトルにやさしくフィット!

pf1
pf2
pf3
pf4


大きなトリガーがついた大型ボトル。
ボトルの片方がなで肩、特徴のある形です。
今回は、PETシュリンクでRシールをおすすめいたしました。

なで肩の部分にシワができやすいので、Rシールの形を思いっきり変形なものに・・・
なで肩部分からトリガーにかけての辺りも気になるところです。
シュリンク時に溜まる空気の抜け穴も位置的に重要となります。

その他、今回は開封しやすさも考慮し、ロングミシン目を施しました。
肩口までは一気に外せます。
また、PEボトルとPETシュリンクの組み合わせに有りがちな、冷めると出てくる「弛み」、これぐらいの大きさになると気になりますが、ロングミシン目のおかげで、シュリンク時の締まり具合も多少良くなりまったようです。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************

これもマルチパック!シンプルに組み合わせ

kumiawase4
kumiawase1

PPケースに入ったシャンプーと小型スプレー缶(コロン)の組み合わせ包装。
2個全体をオーバーラップせず、筒状カット品でシンプルに結束しました。

PETシュリンク厚み0.025mm 背貼 ロングミシン目入り
折径は余裕なしのキッチリのサイズ⇒フィルムの位置ズレしない
(四角いPPケース、スプレー缶の順にフィルム(筒)の中に入れれば作業性は悪くないので、折径は余裕なくても問題ない。)
ミシン目のピッチは、不用意に破れてしまうとまずいので、この場合はやや粗目の0.7mm:1.5mmがベスト。
カット長はまさかの抜け落ちを防止するためやや長めに、スプレー缶の天地にしっかりフィルムが巻き込むようになっています。

スプレー缶がPPケースにもたれかかるように、若干PPケースが押されている感じでしっかり離れずパックされました・・・

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************
記事検索
プロフィール

シュリンク工房

シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!ウェブサイト『シュリンク工房』を運営しています。三雲産業(株)TEL:072-221-9570

QRコード
QRコード