2pack12pack1

原液が入った小サイズの容器と、水で希釈して使う大きなサイズの空ボトルをセットしてシュリンクパックします。

小サイズの方はPETシュリンクRシールで問題なし・・・
難問は、大きい方が柔らかい材質で、かつ中身が入っていない空ボトルなので、横方向の収縮応力が強いタイプのシュリンクフィルムだと、ボトルが潰れて変形してしまいます。
PETやPSのようなラベルタイプは不向きです。
また、被せる方向をいろいろ工夫してみてもどうもうまくいきません・・・

こういう場合はオレフィン系シュリンクやPPシュリンクの薄ものが適しています。
オーバーラップしてしまうわけです。
製袋品となると、厚みは20ミクロン=0.02㎜がおすすめですね。

2pack42pack3

「斜めに溶断」がミソ!(写真右)

写真のパターンで使用したのは、興人ポリセットSW101 (オレフィン系)20µサイドシール袋、シーラーで開口部を密封しています。

*************************************************************
シュリンクフィルムをオーダーメイドできる!
三雲産業(株)/Webサイト シュリンク工房

●〒590-0975 
●大阪府堺市堺区大浜中町3-13-3
●Tel  072-221-9570
●Fax  072-221-8143
●E-Mail  info@shrink-kobo.com
●URL  http://www.shrink-kobo.com/

シュリンク工房のブログ 大好評!公開中
プロ中のプロが綴る、ここだけのお話
⇒http://blog.livedoor.jp/shrink_kobo/
*************************************************************